製品情報

印刷用ゴムロール

UVインキの決定型! 低膨張樹脂型ローラ! MEIWA

新製品 UV サミットⅡ

UVサミットⅡは、UVインキやUVインキ用洗浄剤に対して、膨潤作用を極限まで抑えて開発された樹脂系ローラで、紙、紙器用はもとよりシール印刷やプラスチック用のUVインキに対してより優れた耐膨潤性を持ったゴムローラです。

特 長

1
インキ膨潤が小さく発熱性にも優れているため、印刷中のニップの変化が小さい。
2
インキによる抽出や含浸が殆ど無いため、UV印刷特有のインキ締りや、乾燥阻害は発生しません。
3
洗浄性に極めて優れているため、色替えも簡単に行なえます。
4
UVインキ・一般油性インキ兼用タイプですから、インキの度にローラを取り替える必要はありません。
尚、UVサミットⅡの取り扱い方については下記に述べる事項を参考にし、十分にその性能を発揮させてください。

物性比較

項目\材質 UVサミットⅡ #8000(NBR) 他社製品A
硬度 (°) 30 30 35
  レッドブラウン レッド オレンジ
耐溶剤性 MEK (%) 55 150 56
耐溶剤性 トルエン (%) 19 110 17
引張強さ (MPa) 1.7 8.4 1.5
伸び (%) 240 800 230
100%引張応力 (MPa) 0.8 0.5 0.7
引裂強さ (N/mm) 8 11.8 7
耐溶剤性は室温24H後の体積膨張率を示してあります。

取り扱い
注意事項

1
未使用時の保管は、必ず冷暗所で保管して下さい。
樹脂は未使用で長期間保管すると、特有の軟化劣化を起こします。UVサミットⅡはその点を一番考慮して設計されていますが、それでも一ヶ年以上未使用で保管する場合は、事前にご相談下さい。軟化劣化の目安は2~3年です。(30℃以下保管)
2
塩素系の溶剤と、強酸・強アルカリのご使用は避けて下さい。
通常の洗油やUVインキ用洗浄剤と、その他の殆どの溶剤に対して、抜群の耐性をもたせてありますが、塩素系溶剤(トリ クレン、トリクロルエタン等)と強酸・強アルカリのご使用は避けて下さい。
3
版サイズの違う(ローラより短い場合)印刷をする場合、ゴムロール表面にキズが付くようであれば、ただちにご使用は中止して下さい。
4
ニップ管理での小判のご使用は、避けて下さい。

仕 様

ゴム硬度(JIS-A) 30°~40°
色調 レッドブラウン

溶剤浸漬試験結果(UVインキ用溶剤浸漬)

メジウム浸漬(144時間後の硬さ変化・体積変化率)
  144時間後
硬さ変化 体積変化率
UVサミットⅡ -1 100
NBR品 -5 101
IIR品 -2 99
EPDM品 -6 97
他社UV -3 102
レジウサー浸漬(24時間・360時間後の硬さ変化・体積変化率)
  24時間後 360時間後
硬さ変化 体積変化率 硬さ変化 体積変化率
UVサミットⅡ ±0 100 ±0 101
NBR品 ±0 100 ±0 98
IIR品 -1 100 ±0 99
EPDM品 -2 93 ±0 93
他社UV ±0 100 -2 100
クリーナー浸漬(24時間・48時間後の硬さ変化・体積変化率)
  24時間後 48時間後
硬さ変化 体積変化率 硬さ変化 体積変化率
UVサミットⅡ ±0 100 ±0 100
NBR品 -13 112 -15 131
IIR品 -11 116 -12 123
EPDM品 -14 125 -16 132
他社UV -1 102 -1 102